ソフトバンク退会ページがアクセス不能 - オフィス矢島の IT いい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク退会ページがアクセス不能

ソフトバンク「解約」に殺到・アクセス困難に 「auからiPhone5発売」報道で
ソース

ソフトバンクの携帯電話解約説明ページにアクセスが集中し、繋がりにくくなってしまったとか。
KDDI(au)本家からはまだ何も正式発表はありませんので、少し異常な行動とも思いますが。
それだけ、皆さん気になる出来事ということでしょうね。
>「auからiPhone5発売」

今のところiPhoneを日本国内で使用するには、ソフトバンクの1択しかありません。
(SIMフリーと、ジェイルブレイク を除く。)
コレでは競争の原理が働きませんし、おもしろくありません。
その上、ソフトバンクはドコモやauと比べて繋がりにくいというハンデも負っています。

スマートフォン3G回線の通信速度、全国主要都市のほとんどで au が首位
というニュースも記憶に新しいので、auでiPhoneが使えればそれだけでうれしいという気持ちは、ごく自然なモノとも思えます。

ただし、auで通信速度が速かったのは、使用しているユーザーの数が少ないからとも言われていますので、注意が必要です。
その上、この騒ぎでドコモやソフトバンクからの乗り換えを伴ってauのiPhoneユーザーが極端に増えれば、速度の破綻に繋がりかねません。


今のところ王者ドコモが静観の構えですので、何やら不気味です。
個人的な希望は、ドコモからもiPhoneが発売されることです。
これが、いわゆるアメリカの図式です。

その後アメリカがどうなったかと言いますと、定額制のデータ通信プランが廃止され、従量課金制へ移行しています。
iPhoneのようなスマートフォンは、その使い方からして当然のごとく膨大な量の通信を行います。
コレでは通信キャリアはたまったモノではありません。
さらに、スマートフォンを使用することで同じ定額制とはいうもの通信量の違いが人によって差がありすぎ、不公平感生み出しているとも言えます。

どう考えてみてもデータ通信量が多くなるスマートフォンというモノを世に出しておきながら、そのおかげで膨らみすぎたデータ通信量に悲鳴を上げて従量課金制へ移行するという図式は、実は前々から仕組まれていたような気がしてなりません。
スポンサーサイト
いつもご覧いただき、ありがとうございます
お時間がありましたら、こちらへもお越しください
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://officeyajima.blog62.fc2.com/tb.php/182-683e24ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。