墓石による相続税対策 - オフィス矢島の IT いい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓石による相続税対策

へ~~、そうだったのかシリーズ。

被相続人(亡くなった人)が生前に墓地、墓石、仏壇、仏像、位牌などを購入していた場合、それらは相続税の対象になりません。
高価なモノでも同様の扱いですが、金の仏像とか一般常識から外れるモノは、どうかわかりません。


ただし、被相続人が生前に取得したモノでなければなりません。
(被相続人が亡くなった後、相続人があわてて購入してもダメです。)

また、ローン利用もダメです。
現金で購入する必要があります。

「いずれ買わなければ」、と思っておられるようでしたら、生前に現金で購入されることをお勧めします。


なお、これは相続税対象の現預金を圧縮するための方法です。
相続財産に現預金がほとんどない方は、あまり関係ないかもしれません。

何かの参考になれば、幸いです。
スポンサーサイト
いつもご覧いただき、ありがとうございます
お時間がありましたら、こちらへもお越しください
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://officeyajima.blog62.fc2.com/tb.php/206-eec44625

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。