住宅 断熱効果の義務づけ検討 - オフィス矢島の IT いい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅 断熱効果の義務づけ検討

住宅 断熱効果の義務づけ検討
ソース

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、電力不足が懸念されるなかで、家庭でのエネルギー消費を減らすため、経済産業省は、住宅の窓や浴槽といった建材や設備に一定の断熱効果を義務づける方向で、省エネ法を見直す検討に入りました。

このニュースを見て、「論点が違いませんか?」を思われた方はいらっしゃいませんか?


断熱効果が高い建材や設備がイイのは、誰でもわかります。
それを用いない住宅が建設されるのには、それなりの理由があるからです。
コストであったり、地域性といった風土であったり。

ですから、それは住宅を新築したりリフォームしたりする施主さんが選択すればいいわけです。
いままでは、そうしてきました。
選択の自由を取り上げてまで、個人の意志を制限するのはおかしくないですか?と言いたいわけです。


後付け的に個人にしわ寄せをするより、エネルギー政策であったり、発送電分離といったもっと根本的なことを、お役人や政治家の先生には考えていただきたいと、切に願います。
簡単で口答えしないところにだけ制限を加えるという、悪しき習慣だと思います。



あくまでも、お客様の選択肢の一つとしてで結構です。
弊社では、断熱に優れた、年間光熱費を抑えられる、家づくりを応援しています。

弊社提携 信州の気候に適した家づくりの地元工務店
クリエイティブホーム株式会社
スポンサーサイト
いつもご覧いただき、ありがとうございます
お時間がありましたら、こちらへもお越しください
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://officeyajima.blog62.fc2.com/tb.php/228-e6feb3ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。