認定なるか 御神渡り - オフィス矢島の IT いい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認定なるか 御神渡り

ここ数日の冷え込みで、諏訪湖も全面結氷しています。
凍った氷の表面には、何本かの亀裂も確認されているようです。

あとは御神渡り候補の亀裂を、御神渡り として 認定 するかどうかです。


以下、中日新聞の 御神渡り の説明

御神渡り
 正式には「みわたり」と言う。全面結氷した湖面が昼夜の温度差で膨張、収縮を繰り返し、その圧力でごう音とともに氷がせり上がる現象。諏訪神社上社の男神、建御名方命(たけみなかたのみこと)が下社の女神・八坂刀売命(やさかとめのみこと)のもとへ通った道筋と伝承される。
 南北に走る一の御渡(みわたり)、二の御渡と東西に走る佐久の御渡の三筋を確認次第、宮坂清宮司が出現を認める。神社氏子総代33人は3日間、しめ縄を張り、斎戒もく浴して湖上での拝観式に臨む。



おもしろいことは諏訪大社の中でも古くから分業制が布かれており、御神渡りの神事は諏訪市の縣社八剱神社の宮司によって執り行われます。
諏訪大社本体ではないということです。


Googleで 御神渡り を検索しますと、出るは出るは。。。
全国的にも、注目度は高いということですね。

以下は、そのうちの一つ。
信濃毎日新聞の、新毎webの2月3日の記事からです。
201202041017.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、御神渡り は昼と夜の気温の寒暖の差で発生し、また成長します。
諏訪の気候の特色そのものが、御神渡りを作っているとも言えます。

昼は適度に氷が溶けて、夜の寒い気温で再結氷し膨張する。
この繰り返しで、御神渡りは成長します。


朝方の寒さがあと数日続けば、御神渡り として認定されるでしょう。
気になるのは、来週の週間天気予報で、雨の予報が出ていること。

201202041018.jpg

昼の気温が高すぎて氷が溶けてしまったり、夜間の冷え込みが足りないと再結氷に至りません。
寒いのはイヤですが、御神渡り の発生にも期待したい。
贅沢な悩みですね。


アレコレ探していましたら、「諏訪湖の結氷状況観測 by 望遠ライブカメラ」というライブ映像を公開されているサイトを見つけました。
諏訪湖の結氷状況観測 by 望遠ライブカメラ

映像は10分ごとの更新で、どの地点のモノかは不明ですが気温も併記されています。
最近の御神渡りは小振りなことが多いのでこの映像で確認できるかどうかはわかりませんが、それでもありがたいサービスです。
感謝。
スポンサーサイト
いつもご覧いただき、ありがとうございます
お時間がありましたら、こちらへもお越しください
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://officeyajima.blog62.fc2.com/tb.php/235-9a165554

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。